吉永脳神経外科クリニック
         
吉永脳神経外科クリニック■MRI検査/頸部エコー検査


MRI 1.5T
  MRI 1.5T

脳出血は高血圧がコントロールされるようになり年々減少していますが、脳梗塞はむしろ増加していると思われます。60才以上で今まで脳卒中の既住がない人にMRI検査(X線を使用しないで、脳組織がより詳しく分かる装置)を行ったところ、50%の人に脳梗塞を認めたという報告があります。これから高齢化社会になり、脳梗塞が増加していくと思われ、予防がますます重要になってきます。


頸部エコー検査風景
頸部エコー検査風景  

突然意識がなくなったり、手足が完全に動かなくなれば、救急病院に運ばれますが、その前に前兆はなかったでしょうか?
例えば、一時的に手足のしびれや動きの悪さ、ろれつが回らない、言葉がでない、めまいがする、物が見えにくい、真直ぐ歩けない等の症状です。このような症状はすでに脳梗塞であるか、おこす可能性があります。このような症状がおこったあと、すぐに改善したからといって安心はできません。小さな血管の閉塞でおこる脳梗塞や、大きな血管内にできた血栓のために、一時的に血流障害をおこした場合があります。これらを診断するには脳組織の異常をより詳しく知ることができるMRIや、MRIを利用した脳血管造影を行う必要があります(MRA)。


超音波検査
  超音波検査

また、最近では食事が欧米化されたため、頸部の大きな血管に動脈硬化がよく見られるようになりました。頸部の血管は脳への入口にあたり、流れが悪くなると脳梗塞を起こします。この病変の確認には、頸部の超音波(頸部エコー)検査をすれば簡単にわかります。これらの検査は痛みを感じることなく、入院する必要もありません。



このように脳梗塞といっても大きな血管の動脈硬化が原因でおこるアテローム血栓性脳梗塞、高血圧の人に多く見られる小さな血管の脳梗塞(ラクナ梗塞)、心臓に血栓ができたためにおこる心原性脳塞栓などがあり、MRIおよび頸部エコー、心エコーを使用し、脳梗塞の原因別の予防法を考えなければなりません。


MRI検査を希望される方は、お電話にてご予約下さい。
 平日17:30まで(水土は12:00まで)予約可能です
▲上に戻る
トップページ吉永知っ得NEWS脳梗塞について診療案内クリニック概要個人情報保護

吉永脳神経外科クリニック
住所:福岡市南区井尻2丁目22-5
TEL:092-587-1515
FAX:092-587-1514
Copyrights (C) 2004 Yoshinaga Neurosurgical Clinic. All rights reserved.
企画・制作・運営:インテリジェントレーベル株式会社