吉永脳神経外科クリニック
         
吉永脳神経外科クリニック■MRI検査/頸部エコー検査


今回のテーマは、
“一過性脳虚血発作(一時的に脳血流が遮断されること)=脳梗塞の前兆”です。
中高年女性の頭痛の特徴
一過性脳虚血発作(一時的に脳血流が遮断されること)=脳梗塞の前兆

:最近経験した2症例
1.74歳男性
左手足が突然しびれ5時間後には改善。当院で頭部MRIを行ったが明らかな脳梗塞は認められなかった。しかし、MRA(MRIを利用した血管造影)で頭の中の大きな血管(内頸動脈)の狭窄を認めた。点滴及び抗血小板剤(血をさらさらにする薬)の投与を開始。その後再発は認めていない。

2.69歳男性
突然、右手足の力が入らなくなる。15分後には改善。MRIを行うが脳梗塞を認めず、頸部血管エコーで左内頸動脈(首にある大きな血管)に血栓を認め、この血栓が脳に飛んだと判断し、抗血小板剤の投与と点滴を行った。

このようにMRIのみでは診断できませんがMRA(MRIを利用した血管造影)と頸部血管エコーを行うことにより、診断と治療を行いました。

▲上に戻る
トップページ吉永知っ得NEWS脳梗塞について診療案内クリニック概要個人情報保護

吉永脳神経外科クリニック
住所:福岡市南区井尻2丁目22-5
TEL:092-587-1515
FAX:092-587-1514
Copyrights (C) 2004 Yoshinaga Neurosurgical Clinic. All rights reserved.
※このサイトの無断転載を禁じます。