吉永脳神経外科クリニック
         
吉永脳神経外科クリニック■MRI検査/頸部エコー検査


今回のテーマは、
“脳梗塞の危険因子”です。

(1)喫煙
喫煙者が脳梗塞になる確率は、非喫煙者の2倍。しかし、禁煙すると、危険率は低下し、禁煙5年後には、消失します。

(2)アルコール
アルコールと脳梗塞の関係は、大量飲酒歴がある人は、飲酒の習慣がない者と比較して脳梗塞になる危険は69%と高かった。
しかし、少量〜適量の飲酒(ビール[中]1本程度)は、適量と考える。

(3)身体活動
歩行をほぼ毎日30分行うと、脳梗塞の再発を抑制することができる。

 

▲上に戻る
トップページ吉永知っ得NEWS脳梗塞について診療案内クリニック概要個人情報保護

吉永脳神経外科クリニック
住所:福岡市南区井尻2丁目22-5
TEL:092-587-1515
FAX:092-587-1514
Copyrights (C) 2004 Yoshinaga Neurosurgical Clinic. All rights reserved.
※このサイトの無断転載を禁じます。