吉永脳神経外科クリニック
         
吉永脳神経外科クリニック■MRI検査/頸部エコー検査


今回のテーマは、
“手足のしびれ”についてです。
 今回は、「脳に関係のある手足のしびれ」についてお話します。
右半身あるいは左半身にしびれを感じたら、これが「脳梗塞」「脳出血」など「脳血管障害」のサインであることが考えられます。
 小さな脳梗塞だと症状が軽いため放置してしまいがちですが、そのせいで認知症、半身不随、歩行障害を招いてしまう恐れがあるため注意が必要です。
 CTスキャンではこうした小さな病変は見逃されがちですから、MRIの検査をお薦めします。
 また、一時的な手足のしびれや脱力のもとになるのが、「一過性脳虚血発作」です。発作が起きても、数十分、長くても二十四時間以内に症状が始まるため、気のせいかと思われがちですが、実は脳梗塞の赤信号と考えられるので注意して下さい。
 原因は、心臓の中で出来た血の塊が血流に乗って脳に到達し、脳内の血管がつまりかけたときに引き起こされます。この場合、一時的に手や足がしびれたり、ろれつが回らなくなるなど、脳梗塞に似た症状が出ます。
 心当たりがあれば、MRI・MRAによる脳内の検査だけではなく、頚部血管エコーによる頚部の血管の検査や、心電図、二十四時間心電図、心エコーによる心臓の検査などが必要です。
▲上に戻る
トップページ吉永知っ得NEWS脳梗塞について診療案内クリニック概要個人情報保護

吉永脳神経外科クリニック
住所:福岡市南区井尻2丁目22-5
TEL:092-587-1515
FAX:092-587-1514
Copyrights (C) 2004 Yoshinaga Neurosurgical Clinic. All rights reserved.
※このサイトの無断転載を禁じます。