吉永脳神経外科クリニック
         
吉永脳神経外科クリニック■MRI検査/頸部エコー検査


今回のテーマは、
“手足のしびれ”についてです。

 前回に引き続き、手足のしびれについて。
 今回のテーマは脊髄および末抹神経障害による手足のしびれです。手足のどの部分がしびれるかで、どのような疾患を抱えている恐れがあるのか、次のように推測することが出来ます。


 @腕から指先→椎間板ヘルニア、頸椎症

 A殿部から足の外側と足の裏→腰椎椎間板ヘルニア

 B左右の手足と足先→糖尿病、薬物中毒、慢性アルコール中毒、血管性病変、多発性神経炎など

 C親指から薬指の半分→手根管症候群

 D薬指の半分と小指→肘部管症候群



このうち頻度的に最も多い疾患は、頸部または腰部の椎間板ヘルニア、変形性脊髄症です。これらの疾患のしびれは、頸部、または腰部から指先、足先に向かうもので、筋肉低下も合併することがあります。
診断はレントゲンのみでは不可能で、MRIで椎間板の状態、脊椎、神経根の圧迫の程度を確認する必要があります。
このように手足のしびれの原因は多岐に渡ります。それぞれに治療が異なりますので、きちんとした診断が必要です。

▲上に戻る
トップページ吉永知っ得NEWS脳梗塞について診療案内クリニック概要個人情報保護

吉永脳神経外科クリニック
住所:福岡市南区井尻2丁目22-5
TEL:092-587-1515
FAX:092-587-1514
Copyrights (C) 2004 Yoshinaga Neurosurgical Clinic. All rights reserved.
※このサイトの無断転載を禁じます。