吉永脳神経外科クリニック
         
吉永脳神経外科クリニック■MRI検査/頸部エコー検査


今回のテーマは、
“めまい”についてです。

めまいの治療は、めまいの原因疾患によって異なり、 急性期では、各種疾患に応じた西洋医学的治療が主体となる。
特に生命に危険をおよぼす可能性のある中枢性疾患(小脳梗塞・小脳腫瘍)に対しては、 外科的処理も含んだ西洋医学的治療を行う。 急性期の激しいめまいが落ち着いたら、漢方薬へ移行する。 反復するめまいや、長期化しためまいに対しては漢方薬が適応となる。
第一選択薬としては、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)を。胃腸虚弱で 苓桂朮甘湯が無効の場合は、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)が適応と考える。 めまいに不安感、自律神経症状を伴うものは、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を。 高度の虚弱者めまいには真武湯(しんぶとう)が良いと思われる。

▲上に戻る
トップページ吉永知っ得NEWS脳梗塞について診療案内クリニック概要個人情報保護

吉永脳神経外科クリニック
住所:福岡市南区井尻2丁目22-5
TEL:092-587-1515
FAX:092-587-1514
Copyrights (C) 2004 Yoshinaga Neurosurgical Clinic. All rights reserved.
※このサイトの無断転載を禁じます。