吉永脳神経外科クリニック
         
吉永脳神経外科クリニック■MRI検査/頸部エコー検査


今回のテーマは、
中性脂肪”についてです。


   アルコール多飲に伴う焼き鳥、焼き豚、豚の角煮、ラーメンのスープをしっかり飲む人が、中性脂肪が高くなります。また、果物の食べ過ぎでも中性脂肪は高くなります。

   実際には、絶食で正常値150mg/dl以下であるとすると、だいたい食後で30mgを超えて300〜400mg/dlぐらいまで上昇する人は動脈硬化が進展していくと思われます。1000mg/dl以上になると、急性膵炎の危険性が高くなります。

   予防法は、禁酒までいかなくてもアルコール量を減らし、そして、運動をして(歩行30分以上)エネルギーを燃やしてしまうことが大事です。
   中性脂肪が高い人は、動脈硬化に進展するのに、15〜20年かかると言われていますので、若い人にも必要であれば早めの薬物療法開始が必要と思われます。

▲上に戻る
トップページ吉永知っ得NEWS脳梗塞について診療案内クリニック概要個人情報保護

吉永脳神経外科クリニック
住所:福岡市南区井尻2丁目22-5
TEL:092-587-1515
FAX:092-587-1514
Copyrights (C) 2004 Yoshinaga Neurosurgical Clinic. All rights reserved.
企画・制作・運営:インテリジェントレーベル株式会社