吉永脳神経外科クリニック
         
吉永脳神経外科クリニック■MRI検査/頸部エコー検査


今回のテーマは、
熱中症”についてです。

熱中症とは室温や気温が高い中で作業や運動を行い、体の水分と塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温上昇、めまい、体がだるい、時にはけいれんや意識障害などの症状をおこす病気です。
夜更かし等で睡眠不足、お酒の飲み過ぎによる二日酔い、風邪等で発熱や下痢がある、朝食をしっかり食べてこなかったなどがあれば要注意です。特に、高齢者の方はのどが渇かなくても、水分と塩分の補給をしましょう。 熱中症の症状が出たときは
@涼しい所へ移動し、衣類をゆるめ、安静に寝かせる、
Aエアコンをつけて脇の下、太もものつけねなどを冷やす
B経口補水液OS1を飲ませましょう。
OS1がない時は、水1Lに対し、小さじ半分の塩と大さじ4杯分の砂糖を入れて飲ませてもいいです。あとは、ナトリウムを含んだ点滴(生理食塩水)が一番有効だと思います。

▲上に戻る
トップページ吉永知っ得NEWS脳梗塞について診療案内クリニック概要個人情報保護

吉永脳神経外科クリニック
住所:福岡市南区井尻2丁目22-5
TEL:092-587-1515
FAX:092-587-1514
Copyrights (C) 2004 Yoshinaga Neurosurgical Clinic. All rights reserved.
企画・制作・運営:インテリジェントレーベル株式会社